リンゴ酢の薬膳レシピ

リンゴ酢の薬膳レシピ

コラーゲンたっぷりの鶏手羽とこっくりお酢煮込み

カロリー
– kcal
塩分
– g
調理時間
約30分
img-20140916

レシピ開発:片峯 敦子

材料(2人分)

この料理で使うリンゴ酢: あ〜しあわせっ酢(玄米黒酢) 

鶏手羽先…6切れ
しめじ…1/2房
甘栗…10個
にんにく…2かけ
飾り青ネギ…少々
シソ…4枚
オリーブオイル…少々
塩、こしょう…少々

【A】
生姜スライス…5枚
酒…60CC
水…60CC
あ~しあわせっ酢…60CC
きび砂糖…大さじ1~2
醤油…小さじ2
鷹の爪…1本
八角…1個

つくり方

1
しめじは小房に分けておく。にんにくはつぶして、鷹の爪は種を取っておく。
2
鶏手羽は塩、こしょうをして、フライパンにオリーブオイルを入れてきつね色になるまで焼く。
3
フライパンの油をふき取り、【A】の調味料を入れて、沸騰したら弱火にして煮込む。
4
煮汁が半分になったら、しめじを入れて、煮汁が少なくなるまで煮込む。
5
甘栗は固くなるので、火を止める直前に入れて、さっと煮汁を絡める。
6
器にシソを敷き、鶏手羽、しめじ、甘栗を盛り付け、青ネギを飾る。

*レシピ開発者のコメント*

秋は、収穫の季節。そしてとれたての新鮮な食材には、大地のエネルギーがたっぷり含まれています。
とれたての新鮮な食材をしっかり食べて、体のエネルギーをしっかり養っていきましょう。
また、秋が深まり、肌寒くなってきたら、八角、シナモン、クローブ、生姜、ねぎ、唐辛子など、
体を温めるスパイス類を料理に取り入れることをおすすめします。
肺を補う働きがあるものが辛みの食材になります。
このお料理は八角、唐辛子でちょっとピりりとそして体を温めてくれるお酢で、
こっくりと煮込みました。免疫力アップのきのこ、夏に汗をかいてドロドロになった
血液をさらさらにしてくれる栗、そしてコラーゲンたっぷりの鶏手羽先。
ここに山芋や里芋をいれたり、ゆで卵をいれたり。また鶏手羽を豚ばら肉に代えても
美味しくできますよ。いろんな秋の食材で楽しめる1品です。

レシピコンテスト
ムカイ林檎店のリンゴ酢